Event is FINISHED

【30名増枠!】【1/23開催】 Forbes JAPAN林亜季 × AMP木村和貴 × ログミー川原崎晋裕 トークイベント「大予測!2019年ビジネスメディアの潮流」

Description
「大予測!2019年ビジネスメディアの潮流」

2016年末に起こったWELQ問題や、米大統領選の結果すら左右したと言われるフェイクニュースなど、ビジネスメディアを取り巻く環境は芳しくない状況が続いてきました。炎上を契機に閉鎖してしまったり、アドブロックが常態化するなかでマネタイズがうまくいかず縮小していくサイトも数多く存在します。

そうしたPV至上主義に陰りが見えはじめるなか、ここ数年は文脈のあるメディアが復権しつつあります。情報が溢れ、なにが正しい情報なのかわからないこの時代。「なにが発信されているか」はもとより、「誰が発信しているか」をよすがにしている人が増えてきているのは、インフルエンサーといった個人の力や、土台のある有力メディアの情報が支持されている垣間見えます。

細かい数字を追うことよりも、ブランドコントロールの要素が強くなってきている昨今、ビジネスに特化したウェブメディアはどのように立ち回っていくべきか。また、日経電子版やNewsPicksのように課金型モデルで成功しているメディアも登場するなか、今後マネタイズをどう考えていけばいいのか。そして、2019年はどんなことに挑戦していくのかーー。

今回は、世界38ヶ国に支局を持つ老舗ビジネスメディア「Forbes」のWeb版編集長・林亜季氏と、ミレニアル世代に向けた情報に特化したビジネスインスピレーションメディア「AMP(アンプ)」共同代表の木村和貴氏をお招きし、「2019年 ウェブメディアの潮流」と題してトークセッションを開催します。モデレータは、ビジネスパーソン向けメディアとして舵を切ったログミーの代表・川原崎晋裕が務めます。

ビジネスメディアのトップとして第一線に立つ3名の洞察や知見を、参加者のみなさんと共有していければと思います。メディアに携わる方々を中心に、ぜひ多くの人にご参加いただければ幸いです。


【ゲスト】プロフィール(敬称略・順不同)

 
 林 亜季
 Forbes JAPAN Web編集部編集長
2009年、朝日新聞社入社。記者経験後、新ビジネスの開発や投資などを行う「メディアラボ」で複数の新規事業立ち上げに携わる。経済部記者を経て同社を退社。ハフポスト日本版 Partner Studio チーフ・クリエイティブ・ディレクターを経て、2018年7月からForbes JAPAN Web編集部副編集長 兼 ブランドボイススタジオ室長。同年12月から現職。
Twitter @akihayashiiiii


 木村 和貴
 AMP/共同編集長 [経営管理学修士/MBA、上級ウェブ解析士、GAIQ] 
2011年にインターネット広告代理店に入社。広告運用、メディア立ち上げ経験を経て2016年よりブラーブメディア社へジョインし、ビジネスメディア『AMP』を創刊。スタートアップ、テクノロジー、カルチャーに関する取材・編集に加え、エストニア等への視察訪問、イベント登壇等でも活動中。(Twitter / NewsPicks

モデレーター 

 川原崎 晋裕
 ログミー株式会社 代表取締役 
1981年生まれ。大阪大学経済学部卒。2004年エン・ジャパン株式会社に入社し、求人広告の営業職として3年間従事。2007年、株式会社サイゾー(当時は株式会社インフォバーン)に入社。最初のウェブメディアとなる「日刊サイゾー」を立ち上げ、黒字化に成功。その後、メディア事業の責任者として10以上のメディアやサービスを立ち上げ、月間1.5億PVを超える事業へと育てる。2013年8月、ログミー株式会社(当時は株式会社フロックラボ)設立。書き起こしメディア「ログミー」を運営する傍ら、メディアコンサルタントとして外部の様々なメディアの企画・運営に携わる。


<タイムテーブル>
18:00- 受付・会場
18:30- 概要説明/パネルディスカッション
 モデレーター:ログミー株式会社 代表取締役 川原崎 晋裕
 登壇者1:Forbes JAPAN Web編集部編集長 林 亜季さま
 登壇者2:AMP 共同編集長 木村和貴さま
【テーマ】
  1.2018年を振り返る ビジネスメディアの栄枯盛衰
  2.マネタイズ視点で考えるビジネスメディアの可能性
19:40- 懇親会

※席には限りがございますので必要に応じ早めにお越しください。

<詳細>
■日時
 2018年1月23日(水)
 18:00〜20:00

■開催場所
 WeWork GINZA SIX
 〒104-0061
 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX オフィス棟13F

■入館方法
 ①オフィス専用エレベーターで7Fまで上がる。
 ②専用受付で名刺1枚・Peatixイベント参加チケット(QRコード)を提示していただいた後、セキュリティカードを受け取る。
 ③そのままセキュリティゲートを通過し13Fへお進みください。
※商業施設13Fからはご入館いただけませんので、ご注意ください。

■参加費
 無料

■持ち物
 名刺1枚
 Peatixイベント参加チケット(QRコード)画面

■運営
共催:ログミー株式会社
   株式会社OKPR
運営協力:株式会社PIVOT TABLE
Updates
  • The event description was updated. Diff#403608 2019-01-22 15:37:10
More updates
Wed Jan 23, 2019
6:15 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 FULL
Venue Address
6-10-1 Ginza, Chūō Japan
Organizer
OKPR
60 Followers